※当ホームページにおける写真等の無断転載はご遠慮ください。


 

 

カウンタ

あなたは234481人目です

オンライン状況

オンラインユーザー14人
ログインユーザー0人
登録ユーザー9人

アクセス

地図羅
 

校内研究

平成30年度
研究主題
  学力向上をめざした学習指導の工夫
    ~読書活動の充実をとおして~
研究仮説
 〔仮説1〕
 並行読書を取り入れたり,関連図書を選んで読むことを取り入れたりして単元構成を工夫   し言語活動を充実させれば,読解力や表現力が身につき,学力向上につながるであろう。 
〔仮説2〕
 読書環境を整えたり,町図書館との連携を図ったりしていけば,本に親しみ,意欲的に学ぶことができるであろう。
 


平成29年度 
※平成28年度の研究を継続する。



平成28年度
研究主題
 学力向上をめざした学習指導の工夫
 - 思考力・表現力の育成をとおして ー

研究仮説
 〔仮説1〕
 身に付けさせたい力を明確にした指導計画を立て,言語活動を充実させれば,思考力・表現力を高めることができるであろう。
 〔仮説2〕
 学習の仕方を共通理解し継続的に指導すれば,学力向上につながるだろう。

研究の内容
 ○実態把握にもとづいた指導案作成と検証授業全学年で行い,全体で協議し,成果と課題を明確にする。
 ○教科指導の土台となる「学習の仕方」を発達段階に応じて設定し,全職員で共通理解しながら継続的に指導し,改善の方法を探る。



平成27年度
研究主題
 ふしぎを楽しむ児童の育成
 ~理科・生活科の指導を通して~
研究仮説
 〔理科〕
 自然に親しみ,問題解決する学習を行うことで,ふしぎを楽しむことができるであろう。
 〔生活科〕
 身近な自然と関わることで,自然のふしぎさに気づき遊びを楽しむことができるであろう。
研究の内容
 ○生活科での授業実践
 ○理科での授業実践
 ○環境の整備